sunaowamuteki’s blog

旅行や自分や世間について感じた事を雑記します。

3/27発行のNewsweek

普段からこの週刊誌を買ってるわけではない。たまたま見たNewsweekの表紙が「慰安婦の記憶」という題で、立ち読みしてみて興味深かったから購入した。自分の中でこの慰安婦問題に対するスタンスが長い間はっきりしないことが気持ち悪かった。

さりとて、書籍でもネットでもこの問題を学ぶには精神的に相当しんどい。

だいたい、自分の生活となんら関係ない事なのに、わざわざ悪意と非難の感情の渦の中に自分の頭を突っ込んで考えるなんて自分にも他人にもお勧めできない。

だけどはた、と想像する。もし、そんな環境が慰安婦の問題を解決しない方が得な人間の狙いだとしたら?

慰安婦問題に限らず、だれもが望む平和や安全とは真逆の現実がいつまでも地球上から無くならないのは、悪い人間のほうが頭が良くて行動的で粘り強くてタフだからだ。

私は彼らより頭が悪く軟弱でズボラだ。ただ、考えることだけはやめられない。なんらかの選択をしたくなった時に、YESかNOかを即座に答えられる自分でないとイヤだ。

結果、私はこの記事を読んで良かった。ありがたいことに自分のスタンスを決める事ができた。

記事の内容に興味ある方は、この3/27発行分と4/3発行分の2週に亘っての記事になっているので両方を手に入れて読んでください。

ここでその内容を言わんのかい!!と思われても仕方ないんやけど、本当にそれを求めるなら自分のMoney and effortを使わないと身にならない。

当ブログは啓発系じゃなく、どっちかというと癒し系(のつもり)です。

f:id:sunaowamuteki:20180418212844j:plain

  

話は変わって、同じ3/27発行分の同紙に掲載されたホーキング博士の追悼記事について少し語りたい。

マーティン・リースという天体物理学者が書いた追悼記事だ。

  ↓引用 

ケンブリッジ大学の大学院に進んだ1964年、筆者は研究室で2年先輩の学生に出会った。なんだか足元がおぼつかない様子で、しゃべるのも大変そうだった。それがスティーブン・ホーキングだった。

 しばらく前に進行性の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の診断が下り、博士課程を終えるのも無理かと言われていた。それでも彼は不吉な「死刑宣告」を乗り越え、なんと76歳まで生きた。それだけでも奇跡に近いことなのに、彼は世界で最も有名な科学者の1人にもなった。

 この冒頭文から始まって、たった3Pのボリュームでホーキング博士のことを何も知らない私でも、その人生を想像させるに充分な記事だった。

有名無名に関係なく偉大な人間のエナジーは、死んだ後も生きている人間の言葉でいつまでも再現されていくんだなぁとあらためて思った。

  ↓引用                        

世界的に有名になると、ホーキングは多くの番組に取り上げられ、イギリスのみならず、アメリカでも日本でも講演には多くの聴衆が詰め掛けた。

(中略)

 彼がこれほどの人気を誇ったのはなぜか。体の自由を奪われた頭脳が広大な宇宙を自由に旅していく姿に、人々が強く共感したからだろう。もし彼が宇宙ではなく、例えば遺伝子学の分野で同等な功績を上げたとしても、これほど人々の心をつかむことはなかったはずだ。

 

 普段の生活の中で宇宙に思いをはせることなんかないのが現実やけども、終わりが見えない厳しい逆境にさらされてそれでも自分を前へと立ち上がらせる動機はロマンやと思う。私は、ロマンが持てなかったら生きていくことがすごく困難になってしまう。マズロー自己実現の欲求も一言で言えばロマンだと勝手に解釈している。               

そして最後の方で、

  ↓引用 

ホーキングはよくある浮世離れした、あるいはオタク的な科学者ではなかった。数々の失意や障害にもかかわらず、彼の人格は驚くほどゆがめられずにいた。旅行だけでなく、演劇やオペラの鑑賞も楽しんだ。しっかり常識をわきまえ、政治的な意見も堂々と表明した。

(私はオタクは好きやで)私はたとえ肉体は病気であっても、魂は健康でいることができると信じている。ただ、それはとてもとても困難であるけども最終的にはそれが希望であり救いであると確信している。こうして立派な肩書のある人物に追悼文を書かれるような人達だけでは決してなく、きっと無名の多くの人間がそれをどこかで今この瞬間もやり遂げているんだと思う。

私達がそれを知らないだけで。

 

ところで「博士と彼女のセオリー」という伝記映画があるらしい。テレビ版の伝記ドラマもあって、「シャーロック」で有名な ベネディクト・カンバーバッチホーキング博士役をしているとの事。

知らんかった。この俳優さん好きやのに・・・。

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

なんせまだブログ初心者なもので・・・

いま、これまでの自分の記事を振り返って見てたらアイキャッチ画像いうのんが全く記事と関係ない写真になっててヒャー!ってなった。

 

どないすんねんどないすんねんと呟きつつ慌てたけどちゃんとなおせた。

 

わりかし自意識過剰やねん。

 

だいたいいつもは日付が変わったと同時にUPされるように予約投稿してます。

私のブログを末永くどうぞよろしくお願いします。

プロアクティブのCMを凝視。

録画したドラマを観つつ、夕食をほとんど食べ終わった頃に流れ始めたプロアクティブのCM

CM悩んでいたら、お母さんが買ってくれて・・・おかげでニキビが治って悩みが解消しました

 ほーー私らの頃と違うな。ニキビで悩んどったら逆に「色気づいてやんと、勉強しィ!」って言われるから、悩んでる事を隠してたカンジやったけどな。

ほんで、洗い物しながらCMの続きが所々耳に入ってきてたんやけど、

CMおじいちゃんが・・・

ん?おじいちゃん?

わざわざ洗い物の手を止めて、テレビの前に行く私。

CMおじいちゃんが、買ってくれました

 

うっわ、めっちゃ違和感。これが時代の流れか!ここまで孫にしてやらんと、おじいちゃんは相手にされんのか・・・!? 

 最後やったかなぁ。たしかラストは優しそうなお父さんと小綺麗な若い男子。

CMお父さんが手を差し伸べてくれました

 

息子と肩をガシッと抱き合うお父さん、めっちゃ頭がハゲてぴかぴかしてはる。

思わず「息子がお父さんに手ェ差し伸べてアートネイチャーしたげなあかんのちゃうん」って口に出したら夫が、 

「あんた、ヒドイこと言うなぁ・・」と。

そんなん言うたかて私、観てられへんわこのCM・・・。 

こんだけあからさまに自社の商品をターゲットの両親や祖父母にまで「愛情を示せ」的にアピったら、すでにエモーショナルブラックメイルやし。

 

洗い物を終えてしばらくしてから私が、

「なあ。プロアクティブって海外の商品やんな。さっきのCMって日本人が作ってんのかな」夫は、「まだ言うか」

「いや、海外の人が日本の少子化とか現状の暮らしをリサーチして日本向けCMとして作ったんかなと思って」  夫「さあ、どうやろ」

 それならそれで、こんな風に見えてんねや日本は・・・ってそれもちょっと。

 

それにしても、今まで年寄りが大事にされてたんは儒教の影響やと思ってたけど(そう習った気がするけど)違うんやな。

昔は子供が多くて年寄りが少なかったから「長生きしてる」こと自体がリスペクトであってそれで年寄りが大事にされてたわけで、今は逆やから年寄りが子供を大事にせなあかんようになってもうたと。結局、数の問題やねんな。その程度のことやってんな。なんとなくうすうす感じてはいたけど。

おお、 なにやら時代が変化した瞬間に立ち会ってるような気分。

 

まあでも、今回だけやなく数年前からほかのある種のCMにも違和感を感じ始めてて、今回のプロアクティブのCMを観たことで今までのストレスが一気に噴火したのかも。

 

最初は、ダヴのモデル・・・じゃないよね一般人やんねって感じのしかももう若くない女性がめっちゃドヤ顔でやってるCM。ダヴ儲かってるやろにちゃんとプロ使えよって観るたびにイラッと。比べるまでもないと思うけど吉瀬美智子ニベアのCMと美しさが違う。コレよコレ。CMというのは夢がなくちゃ

f:id:sunaowamuteki:20180417200930j:plain

最近では台所用洗剤のCMでエエ年したオバはんが、一緒に出てる有名人にアホッぽいタメ口で喋ったり「なんか、いい主婦になったみた~い」って言うてるのには怒りが。あと、ユニバユニバ言うてるCMも勘弁して。そんな喋り方は高校生までやて。

CMでも現実でも、見事なほどにケジメが無い中高年が多いように思う。ところでケジメ案件ってなんですか?

それとあともうひとつ。 

ずっと美魔女っていうのが流行ってるけど、それを意識してるのか知らんけど60~70歳超えのおバアが見た目だけを過剰に気にして、アンチエイジングを連呼してんのを見るとみっともないのを通り越してめっちゃ怖い。いろ~んな意味で。

 

とにかくこれらの反面教師たちを自らの教訓にして踏み台にして、将来は素直で性格が若くて可愛い年寄りを目指したい。

 

 

 

おわり。