sunaowamuteki’s blog

フザケたり真面目に幸福を追求したりロマンを大切にしたりしながら生きてる日常。


中年になったら減量と筋力増強が重要

先日「右膝を痛めた」と言っておりましたアラフィフ主婦です。

 

このタイトルじゃ、「ジムに通い始めました」って内容か?っちゅうイメージですが。違います。

 

その後、右ヒザは順調に「日にち薬」で回復してきてたのですが、昨日は腰を痛めてしまいました。「ツイてない」とかももう思わない。放心してる。

 

新聞広告を一部ずつの折込みにする機械があるのですが、その機械の少し高い位置に広告をセットする際に「踏み台」を使うのですが、両手に広告の束を掴んでその「踏み台」のステップを2段上がったところで、腰がズキッとしました。

一瞬「うん?!」ってカンジでしたが、そのまま上がって広告を機械に入れ「踏み台」から降りて2、3歩でもう普通の姿勢ではいられなくなりました。

 

その後は何もかんもがもう、スローモションです…。

自転車を体の支えにしながらなんとか整形外科に。
いったん家に帰ったらもう動けなくなりそうだったので、勢いが残ってるうちにと思って頑張って行きました。

 

待合室で名前を呼ばれすぐに返事をしたものの、あまりにも動きがスローで不自由な様子を見た看護師さんが走って車椅子を持ってこようとしてくれましたが、せっかく立ったのに、また座るのはツライので丁重にお断りしました。診察室での問診中も、壁と荷物入れのカゴに手をついて立ったまま。

 

レントゲンを撮り、骨は異常無しで(ついでに右膝も撮ってもらったけど大丈夫だった)ホッとし、「この痛いのんって、何なんですかねぇ。ギックリ腰とかやったら、もっと痛いイメージやから違うと思うんですけど…」と医師に聞いたら、

「いや、ギックリ腰のようなものです」と。

 

…ようなモノですってナニ?
どっち?!とは言えないけど、顔に出てしまってたと思う。

 

腰とは関係ないのですが、新聞配達の際に集合住宅の階段の昇り降りで、腹筋と太腿に力を入れると右ヒザに痛みが出なかったのを思い出し、

「腹筋とか鍛えたら、イイですか?ずっと運動不足で…。あと体重もちょっと増えてたんです。減量もしたら再発しにくくなりますか?」と聞いてみました。

医師は「そうですね。腹筋と…体幹を鍛えれば。体重も減らすと再発はしないです」と。

 

やっぱそうだよ。なんとなくわかってたコトやけども。

 

若い時と違って、中年になったらムリがきかなくなる。

下降の一途をたどる肉体を支える一番大事な自衛手段が、減量と筋力の強化なんだって。←自分に言ってます。

 

あ、でも内臓に不安がある人はプロテインなど飲んではダメです。

 

あれを飲んで筋肉量を増加するという手段は内臓が健康な人だけができることなので気を付けましょう。

 

ところで今の私。
90歳ぐらいのオジイちゃんがすり足で小刻みにチョコチョコ歩いてる姿まさに同じ状態。しかも、それは歩くのが軌道にのった時であって、歩き始めは横にチョコチョコのカニ歩き…。

 

家のインターホンが鳴っても、出るのにすごく時間がかかる。

 

ご老人の気持ちがめっちゃわかります。

 

家事がムリなので昨晩は夫にお弁当を買ってきてもらいました。
仕事で疲れた夫に細々とした用事をお願いするうえ、さらに愚痴しか出てこない。

そんな私に夫は「何やねん(一一")。ほうれ、ほうれ~」とお尻ペンペンして逃げるイヤガラセを。

 

大いに笑かしてくれました。腰に響いて痛かったケド…。 

 

マクドのポテトがすんごい少なかった(´;ω;`)

 

f:id:sunaowamuteki:20190301123249j:plain

少なくない?誰か食べたんか?

 

25日から月末迄の4日間で🚲集金200件分を済ませなければならないという、ヒジョーにキビしい2月の集金ノルマを終え、やっとこさ人心地つき、今日は午後から完全Off。

ハードな日常をこなした自分へのねぎらい。まずはhuluで海外ドラマでも観ながらゆっくり♪とお昼ご飯を食べ…。

それで、買って来たマクドの袋からポテトを取り出して見てみたらエラい少ない。↓

 

久々の記事なので「ホンワカした優しい気持ちになるような記事」を書きたいと思っていたけど、このポテトは「エエかっこせずに思うまま書いたらエエやん」という「啓示」なのかも。

 

キレやすい大人の来し方を想像してみる

ちょっと唐突な感じもしますが、「すぐキレる大人」というものについて思ったことを。
テレビのニュースとかでエエ歳した大人がしょうもないコトでキレて騒ぎになったというのをよく目にします。

なんであんなふうになるのか?
「ホンマに恥知らずな大人が多過ぎるわ」と勝手に訝しんでいたのですが、最近ちょっとそれがわかるような気持ちになりました。

それはたぶん、私自身がここしばらくツイてなかったから。そんな私の最近の出来事を箇条書きに。↓

 

右膝を痛めた。どういうワケでそうなったのかわからない(無自覚)けど急に。一時は膝が曲がらないまでに…。

 

肉まんを2個買ったのに、家で袋を開けたら1個しか入ってなかった。ファミマのプレミアム肉まんレシートにはちゃんと2個分の料金が。結局泣き寝入り。

 

・めっちゃ空いてる時間帯に行ったマクドで、注文後10分も待たされた。

 

・新聞配達の日の木曜日だけ雨が降る。しかも本降り。

 

・ペットのハムスターが、手に乗ってくれなくなった。ネズミでも感じるほどのマイナスオーラ出てる? 

 

自転車🚲のペダルがやたらと重いせいで集金がめっちゃシンドいタイヤの空気を入れて電池も新しいのに替えたけど変わらず。ソレは膝が痛いせいやん。わかってる。

 

…いずれもそんな大した事じゃないんですが、こんな風にささいな不運が続き、通常時にくらべ心が狭くなってる私。
普段なら「まあ、しゃーないか」と思える事にも直ぐに腹を立てる。

 

それでふと、キレやすい大人というの思い出し、きっとそういう人間は普段からいつもツイてないのだろうな~と。

 

だって、たとえ普段からキレやすい大人であっても例えば宝くじに当たったとか競馬で大穴当てたとか、ツイてる事に遭遇した直後ならば少々の事には腹を立てたりしないだろうし…。

 

だから、きっとああいうニュースで観るようなすぐにキレて騒ぎをおこす大人は「ツイてない人生を送ってきた実に可哀想な人間」なのだと思うようにしてみたらどうかと。 

 

いや、だからなんやねんとは思います。それをなんの関係もない人間を傷付けたりメイワクをかけたりする理由にする事など許されないのですが。

 

ちょっとそんな事を思ったのでした。あんまりにもツイてなかったので。

 

さて、他の人のコトは実際わからないのでそれはさて置き、私の場合はラッキーと思える事もちゃんとありました。

 

右膝を痛めながらも、立ち仕事の新聞広告の仕事や2月というキビしい条件での集金業務も、雨の中の新聞配達も全部、誰にも迷惑かけることなくいつも通りに出来たこと。夫にはツラく当たってしまいましたが…。ソレもさて置き。

 

ネットで調べたストレッチをしたらすぐに膝は曲がるようになり、日にち薬というヤツで日々マシに治ってきてます。
膝は甘やかすと良くないらしいのでストレッチをやりつつ痛みが出ない程度に仕事も家事もやりつつ…。

 

さりとて、日常生活のそんなちょっとした「自分のカラダの不便さ」は徐々にメンタルをツブしにかかります。

このめっちゃ少ないポテトを見た時、思わず「最後にコレか!」と呟きましたが、コレをきっかけに久々にブログの更新もできましたし…。

 

ツイてない事が続いても、結局のところこれで良かったと思います。

 

傲慢な自分の鼻っ柱は、たまにこうしてぼっきり折ってもらったほうが道を踏み外さずにすむのかも。

…私の場合は。(^^)

 

「堂島ロール」と「榮太樓總本鋪監修 黒みつしみうま 生どら焼」

今さら初めて食べた「堂島ロール

大阪では有名。↓夫が出張帰りに新大阪駅で買って帰ってきてくれました。

f:id:sunaowamuteki:20190223215107j:plain

 

切ってみると、ローソンのんにくりそつ。↓

f:id:sunaowamuteki:20190223215218j:plain

 

モンシェールっていう会社です。興味のある方は、HPをご覧ください。

www.mon-cher.com

 

クリームが、まんま牛乳ってカンジ✨で美味しいです。

 

あと、もうひとつ。

最近食べたコンビニスイーツもご紹介。

 

榮太樓總本鋪監修 「黒みつしみうま 生どら焼」

f:id:sunaowamuteki:20190223215442j:plain

 ファミマの新しい生ドラです。HPを見たら、去年12月発売でそんな新商品ってわけでもなかった…。

興味のある方はHPを。↓

手作りデザート『Famima Sweets(ファミマスイーツ)』に 「榮太樓總本鋪監修 黒みつしみうま 生どら焼」が登場!! ~原料・製法にこだわった銘店コラボの数量限定商品~|ニュースリリース|ファミリーマート

f:id:sunaowamuteki:20190223215657j:plain

買うとスプーンを付けてくれる。

食べ方は自由。

ムリムリにサンドしてかぶりつくもよし、クリームだけ気が済むまでチビチビとスプーンですくってなめるのもよし、まず上の皮の部分だけ取って食べるもよし…。

 

私はけっこう好きです。

 

しかしながら、いま一番リピしてるのはコレ。↓

f:id:sunaowamuteki:20190223223740j:plain

 

ナマケモノろーぐ さんのブログでも紹介されていた、ファミマの「スフレ・プリン」。見かけるとついつい買ってしまいます。

 

うまく言えないですが、すべてが「ちょうど良いバランス」なんです。

 

どうですか?
もうこんな遅い時間ですが、食べたくなってきたりしてます?ふっふっふ。

 

明日は日曜日ですしね。これからマダマダ夜更かししちゃうゾ💖って方は、今からコンビニに行っちゃうかも?

 

夜道にくれぐれも用心して行ってクダサイね~。(*'ω'*)

 

メダカ鉢を眺めていて感じた事

家に、メダカ鉢が3つある。
昨年の夏に産まれた子メダカがいるのでその身体の大きさで鉢を分けている。

 

彼らはこの鉢の中の世界しか知らない。


自分達の本来の生息場所である用水路や田んぼ、河川や汽水域といった環境を知らない。
ウチの家のこの鉢の中で生まれ、死んでゆく。

 

ついこの間まではそんな事を思った時「かわいそうやな…」と感じていたと思うのだけど、自分の加齢によって感じ方が変わってきたのか、「人間も一緒や」とふと思った。

 

自分の人生は、このメダカ鉢の中と同じ。

 

 

このメダカ鉢に入る前の自分を私は知らないし、メダカ鉢から出た後の自分も知らない。

 

だから私の人生は、このメダカ達と同じ。

 

現在メダカ達はみんな「冬越え中」で半冬眠状態。ピクリともしないけど、私がこうしてたまにジッと見ていたり、良く晴れた日に紫外線浴をさせるために鉢を動かしたりするとシュッと機敏に泳ぎまわっている。

 

 

 私は仏教の「常住」という言葉が好き。
なんであろうと、みながその「常住」。

観じようと観じまいと関係ない。あるとかないとかの証明などは全くもってホントにどうでもイイ。

 

メダカ鉢の中も外も「常住」。
なのにいかんせん、この世界は「無常」をやたらと感じるようにできているみたい。

 

ならばこの「無常」を楽しむほかない。「乗り越える」っていうのはたぶん、そういうこと?

 

なんだかんだ言って、やんわりと自らを鼓舞してる。
そんな自分に「頑張ってるなぁ…」と、セルフよしよしヾ(・ω・`)をしてあげた、ある冬の日でした。 

 

ハムスターの寒さ対策&最近の生ハムメロン

ケージのお掃除中により、お外に出されています。

f:id:sunaowamuteki:20190214183347j:plain

 

ハムスターは、10℃以下になると冬眠しちゃうそうな…。そしてそのまま☆になってしまうそうな。(/・ω・)/

 

なので、ウチではコレを使ってます。↓

f:id:sunaowamuteki:20190214184050j:plain

ミニサイズのホットシートみたいなヤツ。

平均40~42℃を保ってくれます。

そのままケージに入れると色々キケン。見たらわかる。

 

素麵が入ってた木箱の端を、電気コードが通る部分だけテキトーにマイナスドライバーで削った。↓

f:id:sunaowamuteki:20190214184238j:plain

 

で、この上にケージを置くとちょうど良いカンジの温度になってるようです。↓

f:id:sunaowamuteki:20190214184705j:plain

 後ろ足でお腹の辺りを毛づくろい。↓

f:id:sunaowamuteki:20190214185142j:plain

こっち向いとくれ~。

f:id:sunaowamuteki:20190214185925j:plain


あ、かつてのムートンベッドは撤去しました。

アドバイス通りに、ヒマワリの種をインするのを1か月近く続けましたが💔残念ながらメロンのベッドにはならず。

「ヒマワリの種が置いてあるトコロ」との認識だけに終わりました…。トイレのたびにそれをチェックしに行く姿もそれはそれでカワイかったのですが…。

f:id:sunaowamuteki:20190214190317j:plain

 

 

ともあれ、元気に暮らしております。(^^♪

余った「すき焼きのタレ」で超ズボラなサバの煮付

前記事の焼き豚風煮込みでも使いきれなかった「すき焼きのタレ」で🐟サバの煮付けを作ってみることにしました。

f:id:sunaowamuteki:20190210223711j:plain

 

フライパンで簡単🐟煮付け

♪安くて新鮮なので、旬を外してるトコロは多目に見る。

f:id:sunaowamuteki:20190214063012j:plain

 

小さい方のフライパンに、🐟サバとすき焼きのタレを投入し、生姜チューブを「んにょ~っ」と絞ります。

f:id:sunaowamuteki:20190214064148j:plain

アルミホイルでフタをして煮ます。

f:id:sunaowamuteki:20190214064224j:plain

 

唯一のポイントは、フライ返しを使ってそうっとひっくり返して皮のほうもちょっと煮ることでしょうか。美味しそうな煮色を付けるためデス。(^^♪

 

で、最後にまた同じように(皮を破らないように)そうっとひっくり返して…。

 

出来上がり。✨

f:id:sunaowamuteki:20190214064945j:plain

 超ズボラながら、なかなかいっちょ前なカンジに仕上がりました。

 

アラフィフ夫婦の晩ご飯

f:id:sunaowamuteki:20190214070133j:plain

 

・サバの煮付け

・納豆

・赤かぶのお漬物

カニカマとブロッコリーと玉ねぎのマヨ胡椒サラダ

・豆腐とエノキダケと白葱の長生き味噌汁

 

このサバの煮付、普通に作るより美味しかったです。っていうか、食堂のサバ煮定食とかで出てくるような味…。

 

 

関西人の私は、すき焼きにこういった「タレ」を使わないのでこれまで買ったコトは無かったのですが「優秀な調味料」として買うのはアリかもと思いました。( ̄▽ ̄)✨ 

 

余った「すき焼きのタレ」と「五香粉」でレンチン焼き豚

電子レンジで簡単焼き豚(風?)煮込み

頂き物の「近江牛すき焼きセット」に入っていた「すき焼きのタレ」の余りと・・・


買ってみたものの、どう使っていいのかわからずに未開封のまま放置していた「五香粉」で・・・

f:id:sunaowamuteki:20190210223711j:plain
f:id:sunaowamuteki:20190210224048j:plain


ちなみに、この「五香紛」って「5種類のスパイスが入ってる」という意味だと思ってたけどそうじゃないらしい…。

f:id:sunaowamuteki:20190210224141j:plain

 

スーパーで半額になってた「肩豚ロースかたまり肉」を漬け込み冷蔵庫で3~4時間放置。

え?分量??

テキトーでイイんですよ。テキトーで…。 

ついでに、この間に「ゆで卵」を何個か作っておくとイイと思います。

f:id:sunaowamuteki:20190210224557j:plain

冷蔵庫から出して、まずお肉だけ耐熱容器に移します。※漬け汁はそのまま袋に入れといてクダサイ。 

イイ色に浸かったお肉を、フォークでブスブスとまんべんなく刺して柔らかくします。

何か腹立つコトでも思い出しながら…あんにゃろ、こんにゃろう!!

f:id:sunaowamuteki:20190211093018j:plain

ひとしきりブスブスやってますと、こんな感じに…。

f:id:sunaowamuteki:20190211093501j:plain

先ほどの袋の中の漬け汁をこのお肉の上から全部かけ入れて、電子レンジ用のフタかラップをしてレンチンします。※もしもこの時「漬け汁がちょっと足りないかな?」って感じたら、「すき焼きのタレ」だけ注ぎ足してもかまいません。

f:id:sunaowamuteki:20190211093733j:plain


私は、800Wで3分半ぐらい。一度取り出してお肉をひっくり返して再びレンチン。

 

ここは、様子を見ながらやってクダサイ。私はこのアト2分ぐらいを2回レンチンしてたと思います。

生煮えにだけは、注意しましょう。

思い切って加熱してもお肉は硬くはなりませんでしたので…。

 

もうイイかなって思ったら、お肉にフォークを刺してみて赤い汁が出てこなければ大丈夫でしょう。

 

フタを開けてしばらく冷まし、粗熱が取れたら漬け汁だけジップロックの袋に入れて、殻をむいた「ゆで卵」を入れ冷蔵庫に。「漬け玉子」にします。

 

最後に、お肉を適当にスライスして、漬け玉子と一緒に…。

 

出来上がり❢❢

 

f:id:sunaowamuteki:20190211094341j:plain

すんごく柔らかく、すんごく美味しく仕上がりました。✨(´ω`*)

五香粉の匂いが、「どっかで嗅いだコトのある匂いやねんけど、何やろ…?」と考えてみたら、台湾に行った時の匂いでした。屋台とかの食べ物屋さんが並んでるトコ…。

 

とにかく、超❢簡単に「本格的なカンジ」の一品が出来ます!✨

 

以上、”余った「すき焼きのタレ」と「五香粉」でレンチン焼き豚”でした。(^^♪

 

あ、焼いてないから「焼き豚風の煮豚」ですね。

ゴハンがすすみますよ~。

 

はてなProで「サブブログ」を始める前に知っておいた方がいい事

サブブログを立ち上げてみたら「イメージ通りになってなくて焦った」という私の経験を共有したいと思います。

 

 

はじめに

メインブログとは別に「サブブログ」を始める動機は何でしょう?

 

メインブログとは違ったテイストのブログを始めたくなった

 例えば趣味に特化したブログをやりたくなったとか、逆に雑記ブログが書きたくなったとか。

誰も知らないブログを新たに立ち上げたい

いわゆる「別人格」ブログを始めたくなった時でしょうか。

 

ココは(;^_^Aあまり突っ込んで説明したくないところですが、この気持ち、わかる人にはわかっていただけると思います。 

 

さて、これらの動機をふまえた上で「サブブログを立ち上げる前に知っておいた方がイイ事」をお話したいと思います。

 

はてなProのサービスについて

先ずは「はてなPro」のサービスで知っておくべき事を先に。

 

はてなProは「ブログを10個まで作れる」のですが、
はてなPro」と同じサービス(自動広告を消したりなど)で作れるブログは、メインブログひとつだけです。

いざ、サブブログを立ち上げてみて最初のつまづきがコレでした。 

私は「はてなProにすれば、全てのサブブログがProと同じ条件で作れる」と勝手に思い込んでいたのです。 

 

はてなPro」を申し込んでも、Proサービスのブログはひとつだけ。それとは別に作る事ができるサブブログは「はてな無料版」と同じ条件(全ての機能を検証してみたワケじゃないのでたぶん…ですが)になります。

 

サブブログの作成パターンは2通り

1つ目は、一番カンタンな方法。

 

ダッシュボードを開きます。↓

f:id:sunaowamuteki:20190207083534p:plain

「新しいブログを作成」をクリックし、あとは流れに沿っていけばOKです。

 

この方法でサブブログを作ると、「メインブログと同じアイコンとID」が、サブブログの画面上に出ます。↓

f:id:sunaowamuteki:20190207083811p:plain

家族や知り合い(メインブログの読者含め)にわからない様に「別人格のブログ」を作りたい場合なら、こんな風にメインブログのアイコンとIDが出てしまうのは避けたいところ。 

プロフィールのこのIDをクリックすれば、メインブログの「sunaowamuteki´s blog」に飛んでしまうからです。

 

では、もう1つの「メインブログのアイコンやIDが表示されない」サブブログの作成方法を。

ブログ画面右上の「Hatena」をクリックし、出た画面右上の「設定」をクリックします。↓

f:id:sunaowamuteki:20190207090434p:plain

 

次に、「サブアカウント」をクリックします。↓

f:id:sunaowamuteki:20190207090749p:plain

 

サブブログに使用する新たなIDと、メールアドレスを入れ「追加」をクリックします。

※メールアドレスは、すでにメインブログで登録しているのとは別のメールアドレスが必要です。

f:id:sunaowamuteki:20190207090907p:plain

 

設定したメールアドレスに「はてな」からメールが届きますので、メール中の「本登録」のリンク先から流れに沿って新たなブログを作成していくだけです。


この方法で作成したサブブログなら、画面上にメインブログのアイコンもIDも出ることはありませんので、安心して(?)別人格の記事を書くコトが出来ます。

 

ブログ主がメインブログとこの別アカウントのサブブログを切り替えするには、

画面右上の「Hatena」→「設定」→「サブアカウント」の画面で表示されるブログ名の右端の「切替」をクリックすれば、対象のブログに切り替わるようになっています。コレちょっとメンドクサイですが。

 

まとめ

以上、ザックリとした内容でしたがまとめますと…

 

①「はてなPro」を申し込んでいても、サブブログは無料版と同じProと同じ仕様でサブブログをするには別途有料版の申し込みが必要。

 

「カンタンな方法」でサブブログを作成した場合…

メインブログのアイコンとIDが表示される。 

→よって、そのIDをクリックすると、サブブログではなくメインブログに飛んでしまう

 

「ちょっと面倒(新たなメルアドが必要)な方法」でサブブログを作成した場合…

→メインブログのアイコンやIDは表示されない。

 

私から(?)は、以上でございます。

 

 

さらに詳しいことは、↓ヘルプで直接ご確認を。

はてなブログPro(有料プラン) - はてなブログ ヘルプ

 

こんな私と違い、ブログに詳しい方々ならば他にイイ方法を見つけておられるのかも。

 

3ヵ月前、私はこれらのことを知らないままサブブログを立ち上げてしまい(@_@)すでにUPしてしまった記事を非公開にしたり、再度「はてなPro」の仕様を確認したりと、すごく慌ててしまいました。

そんな風にして立ち上げたサブブログ、永らく更新出来ておりません。

そのうち、そのうち更新するもん…。(-_-;)